腰痛の原因と治療を考え、整体や鍼などの鍼灸の治療法を紹介

腰痛の症状は整体や鍼などの鍼灸治療が効果を発揮しているようです

腰痛治療と原因解決


つらい腰痛の痛みを変える。良い治療とは

腰痛の原因や治療はあちこちで言われていますね。でも本当に解決する方法は何か?
整体や鍼灸など色々あるけれど、どれが効果的か考えてみましょう。

私達が痛みを感じるのはほとんどの場合筋緊張による疼痛と言われています。
腰痛をはじめ、頭痛でも、肩の痛みでもその部分の筋肉の緊張が痛みの原因と言われています。

ぎっくり腰などの腰痛で急性的な場合は、まずは安静にして様子を見ることが大切ですが、ある程度、少しずつでも動けるようになれば、速やかに専門家に行きましょう。
「バランス研究所 ケアサロン橋本」


腰痛の原因としては、
・筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張と疲れ
・不用意に体をひねった、重いものを中腰で持ち上げた、前傾姿勢をとった時などに起こりやすい
・長時間同じ姿勢、無理な姿勢、筋肉疲労、で腰痛が起こる事もある
・運動不足、肥満、全身の疲れなどにより、腰の筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起こす事もあげられる
・重いものを持ち上げた時に起こる急な腰痛(ぎっくり腰)は、筋肉の損傷
・長時間の起立・座位の後の腰痛は、骨などへの負担
・足のしびれを伴う腰痛は、骨などへの負担が重く神経を刺激(坐骨神経痛など)
・大量飲酒や子宮の冷え・内臓の癌による血行障害でも腰痛を引き起す

などが上げられています。

また、腰痛・ぎっくり腰の痛み予防として、
・ぎっくり腰・長時間の起立座位後の腰痛は、痛みの少ない体勢で安静にし、患部を冷湿布や冷たいタオルで冷やしましょう。冷やしすぎないこと。
・極力再発時の体勢をやめ、低反発クッションをお尻にしいたりなど工夫を。全身が硬くなっている時に起きやすいので柔軟体操をおすすめします。
・日頃からの冷たい飲み物・食事の摂取を控えることも腰痛の発症が抑えられます。
・女性特有の腰痛は子宮の状態が大きく左右。お腹を冷やさないことが大事。
・以上のことが思い当らなければ病院での検査をおすすめします。
「鍼の河口」

がお勧めといわれています。

鍼などの鍼灸治療では、東洋医学的に見て、腰や骨の状態は腎(腎臓)の状態に左右されるとしています。寒さや疲労・過度の性行為・不安などにより腎の働きが弱った時に、腰痛など腰も不調になりがちと考えられています。

腰痛が引き起こす厄介な症状が坐骨神経痛です。 本来、ぎっくり腰とは腰椎周辺筋肉の炎症なので、神経痛といった 症状はなく、あくまで筋肉機能の不全による腰の痛みです。

しかし、腰椎の負荷が 大きすぎて、捻挫のずれ方が酷かった場合、また代替機能を果たしていた筋肉が 緊張しすぎてしまった場合に坐骨神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛 を発症してしまう場合があるそうです。

整体の治療でも、やはり筋肉の緊張ほぐしがメインの治療法となるようです。

整体には様々な手法があるので、一概にコレと言えるような治療法は出せませんが、腰の筋肉だけでなく、背中やお腹、腰に至るまで、原因となるポイントがあるようですので、治し方としては、そうした緊張を見つけだして、しっかりとほぐすことで早い回復が期待できるようです。



Copyright© . All rights reserved.腰痛治療と原因対策/整体や鍼灸も効果的