• 耳鳴りとは?
  • 耳鳴りがしたら?
  • 自律神経の乱れ

耳鳴りと顎関節症などの顎の歪みによる影響

口の中でものを噛むとき、どちらか片側だけでしか噛まなかったり、仕事上、早食いが当たり前となり、良く噛んで食事をする習慣がない人に、顎関節の歪みがおこると言われています。
女性の方で「顔の歪みが気になる」といった悩みをよく聞きますが、たいていは顎関節の歪みが大きく関係しています。


ここでおわかりになられたかと思いますが、顎関節が歪むことで、筋肉の連動性により、顔全体のバランスが崩れ、その影響で頭蓋骨の「ひずみ」の動きを悪くしてしまう可能性が出るのです。


そして結果的に、脳脊髄液の循環リズムを不安定にしてしまうことも考えられます。


また、顎関節周辺の筋肉や神経に酸素欠乏が起こると、口の開け閉めがスムーズに動かせなくなり、代謝されなかった老廃物が溜まることになります。


溜まった老廃物は、顎関節付近を通る「内耳神経」等の耳の機能を司る神経に影響を与えているとみられます。



よくこんなことを聞きます。


普段は何をしても「ジジー」といった耳鳴りが一向に消えないのに、あくびをしたり、くしゃみなど口を大きく開ける動作の時に一時的に消えたり、小さくなる時があると・・・


これは、明らかに顎関節の歪みも大きく関わっていると言えるでしょう。口を大きく開けることで、一時的に老廃物の蓄積や、神経の流れが解放されるのだと思われます。


顎関節の歪みで一般的に知られているのは、「顎関節症」です。顎関節症とは、大きく分けて次の三つの症状があります。

(1)アゴの痛み。
(2)口を大きく開けられない。
(3)口を開けるときに「グチッ」と言った音がする。
等です。


自分が顎関節症だと気づくのは、上記のような症状が出た時にようやく気づく方が多いです。しかし、上記に当てはまらない方も、一度鏡の前に立って、じっくりとご自身の顔を観察してみてください。


・顎が前に出ていないか
・左右どちらかに傾いていないか
・口はスムーズに開くことができるか
・顎の周りの筋肉を押してみて異様な張り方をしていないか


その他にも、「顎がすぐ疲れる」「目が疲れやすい」「集中力がない」「歯ぎしりを頻繁にする」等といったことも、顎関節の歪みから起こっている可能性もあり、顎関節症予備軍といえるでしょう。


又、頬や口唇の筋力低下は口呼吸の習慣を癖づかせ、口腔内(口の中)が常に乾燥することで、悪玉菌の増殖を呼び込み、睡眠時には舌が気道をふさぎイビキが起こりやすくなります。



>>> 新たな視点!めまい難聴について



その他コンテンツ